×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



The man, who had lived in '30s Shang-hai, ...




=御挨拶=


当サイトにお越し頂き有り難うございます。
遡ること○×年、人の勧めに従い読んでみた一編の物語が
ここまで自分を引き摺り続けるとは夢にも思っていませんでした。
何故こんなに引きずられるのかを辿っていくうちに、作家ご自身の
姿から色々な興味深いことを具間見て以後すっかり骨抜きに(笑)。
「たとえミステリの知識が皆無であろうとも、生島氏の世間的or作品的評判が
良かろうと悪かろうとも(爆;)やはりやらねばファンじゃないでしょう!!」という
根性のみのサイトなので、こき下ろし等の詰まらないことは何卒ご勘弁下さい。
本当に付け焼刃でボロも多く、まだまだ調査&建設中。
内容に関するツッコミも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

2001.12.28 管理人 Uga拝






=御品書=


我らが時代……『黄土の奔流』シリーズへの一考。(ネタばれ有)
River Yangze……画像中心の長江旅行レポートです。
"Shang-hai"……作中のものを基本とした1930年代資料(部分工事中)。
簡略中国近現代史……年表をベースに軽く中国史をさらっておきます。
山中峯太郎とR.チャンドラー……『黄土の奔流』へアイディアを
与えたと思われる二人の作家をご紹介。

  生島氏とは……氏のプロフィール、略歴など。
著作リスト……著作名・出版社・発表年のリストです。
映画etc...……過去に映像化された作品の数々をご紹介。
後に続け!!〜イクシマチルドレン〜……生島氏の影響を受けて作家になった、
或いは触発されて作品が出来たという諸氏をご紹介。
"お別れの会"報告……2003年3月に永眠された生島氏の葬儀について。

ほかBBS,管理者についてなど…。お気軽に遊んでいって下さい。