■福州路 "四馬路"■





"…『青蓮閣』をすぎると福建路に至りその先が湖北路になる。そして、この湖北路を境として、
それこそ別天地のようなあやしげな巷と化す。四馬路といえばビル街を意味するものではなく、
上海通の人々によればこの地区こそが本当の四馬路の本領だと教えてくれるだろう。
上海花柳界の中心はこの付近の入り組んだ路地から三馬路一帯にある。この地区の西側が広西路で、
その以西は胡家宅という下級売春婦や私娼窟が群がっている一帯であった。…"





福州路を西に向かって


福建路手前の瀟洒なアパート


福州路より福建路を右手に見る


"…やがて、男は浙江路のはずれにあるバーの前で足をとめた。そこはこの辺のバーにしては
高級なつくりの三階建ての建物で、黒と白の化粧煉瓦をあしらった壁の正面に
『レディ・キラー』という大きな真紅のネオンが輝いていた。…"



福州路右手、湖北路


浙江路近辺


浙江路近辺


旧胡家宅界隈の路地裏

撮影 2004.5.22


※放浪記※

昔は猥雑な繁華街だったこの街路は現在"上海のすずらん通り"というべき書店・文具街に。
別の意味で活字中毒者には魅惑の一帯かもしれませんが…
しかしやはり夜になると福州路の出口、人民公園に面した西蔵中路との交差点あたりには
ショッピングセンターや飲食店などの並びに多くの人手があり、賑やかです。