〜 哀辞 〜
生島先生へ




* * *

生島氏の永眠の報が入った3月3日から
四十九日とされる4月20日まで設置した掲示板のメッセージです。
皆様の思いがいつでも生島氏に届くよう願いを込めて、こちらに残します。
不本意な方もあろうかと存じますが何卒ご容赦下さい。
管理人あてへも励ましの言葉を頂き、誠に有り難うございました。

* * *





--------------------------------------------------------------------------------
生島治郎は僕の青春でした。 投稿者:ユー  投稿日: 4月15日(火)13時51分06秒

大学時代に志田司郎に出会って以来、読破の勢いで読みふけったのを思い出します。
あの展開美ともいえるようなリズム感ある場面進行。個性的で男気たっぷりの主人公。
どれをとっても最高です。現在「血と絆」を読んでいますが、主人公北川は明らかに
生島治郎その人で彼がどのように小説を書いてきたか、生きてきたかがわかる
タネ明かしのような本で夢中で読んでいます。
僕の青春を形成した「親分」に心から感謝します。ご冥福をお祈りします。


--------------------------------------------------------------------------------
片翼で心洗われます 投稿者:元満素子  投稿日: 4月 6日(日)09時00分31秒

新聞で訃報記事を目にした時、数年前に読んだ片翼3部作のことを思い出しました。
同じ作品を読み返すことをあまりしない私ですが、また一気に読み返しました。心洗われます。
今後、ご婦人はどうやって生きていかれるのかしら…と、とても気がかりで、
ネット検索していて、このHPを見つけました。
先生のファンが大勢、陰ながらご婦人を応援し続けて行かれると思います。
もちろん私もです。
作品リストを参考に、1冊ずつ色んな本を読んでいくつもりです。
ご生前中にこのHPにたどり着けなかったことが非常に残念です。


--------------------------------------------------------------------------------
感謝 投稿者:志村俊朗  投稿日: 3月12日(水)15時36分35秒

思えば、小学校の頃にジュブナイル版で筒井康隆のSF入門のような本を読み、
ダイジェスト読書人生がはじまった時に、たまたま手にとって読んだのが生島治郎の
『ハードボイルド風にいきてみないか(ワニブックス)』だった。
小中学生にとって、チャンドラーもハメットも、最初は単なるカタカナでしかなかったのですが、
語り部のうまさにその名前が脳裏に刷り込まれたがために、単なるダイジェスト読書に飽き足らず、
いわば憧れ、でも、本物とはと何かを常に考える自分の読書人生がはじまったともいえます。

そんな私も、昨今はネットに明け暮れ、活字離れも久しいのですが、でも、
本とか活字とかを超えたものを伝えてくれたのが、前述の新書だったのだなぁと今思います。
感謝。
http://yokoso.dyndns.org/~yokoso/kaze/


--------------------------------------------------------------------------------
哀悼 投稿者:二村永爾  投稿日: 3月 9日(日)18時35分29秒

黄土の奔流も良かったのですが、やはり「追いつめる」が好きでした。
日本のハードボイルドの父のご冥福を心からお祈り申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------
有り難うございました。 投稿者:劉香  投稿日: 3月 8日(土)21時42分56秒

とてもとてもショックでした。言葉になりません。
先生には、ご冥福をお祈りすると共に、有り難うございましたと感謝の気持ちでいっぱいです。
天に召されてからも、心の赴くまま胸のすくような格好いい男達を書き続けてください。

管理人様、お別れ会の報告有り難うございました。出席できませんでしたので、様子を知らせて
くださって私もご一緒にお別れできたような気がします。有り難うございました。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:宗一郎  投稿日: 3月 6日(木)01時04分44秒

失ったものは大きく、しかし先生が残されたものもまた、非常に大きいと思います。
ぼくの中で志田司郎はいまだその頑なな生き方を守り続け、生き続けています。
たくさんの素晴らしい小説たちを本当にありがとうございました。
ご冥福を心よりお祈りしています。本当に、本当にありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------
ご冥福をお祈ります 投稿者:ちきぃた  投稿日: 3月 6日(木)00時55分37秒

高校生だった私が「黄土の奔流」「夢なきものの掟」で、ドキドキ胸を高鳴らせて
紅と葉の生き様を体験しました。
生島先生の作品で中国への憧れを持ち、上海の地を踏み、そして今月はいよいよ三峡にいきます。
本当に残念でなりません。ご冥福をお祈りします。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:晴久  投稿日: 3月 5日(水)13時00分57秒

いままで、素敵な本たちを、本当にありがとうございました。
先生の本は、いつも徹夜してでも
一気読みをしていました。
そのスピード感が、たまらなく大好きです。

心より、ご冥福をお祈りしております。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:ailin  投稿日: 3月 5日(水)09時18分49秒

「黄土の奔流」に出会わなければ、ひょっとしたら今の私はなかったかも知れません。
そしてそこまでの作品に出会えた自分は、とても幸せな人間だったのだと思います。

ありがとうございました。
深い感謝を込めてお見送りしたいと思います。

謹んでご冥福をお祈りいたします。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:田村  投稿日: 3月 5日(水)08時58分53秒

片翼ファンでした。本当に残念です。ご冥福をお祈り致します。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:Nao  投稿日: 3月 5日(水)08時43分37秒

仕事帰りのバスの中で訃報を知りました。
「浪漫疾風録」を読んでから、先生のファンになり
こちらのサイトの著作リストを参考にしながら
先生の御本を読み始めたばかりでした。
残念でなりません。
先生のファンとして
また、海外ミステリーのファンの一人として
感謝と御冥福をお祈りいたします。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:藤原  投稿日: 3月 5日(水)08時41分32秒

謹んでご冥福をお祈り致します。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:薫  投稿日: 3月 5日(水)05時10分17秒

私は、昨日の朝、テレビにて訃報を知りました。

生島先生のご冥福をお祈り致します。
素晴らしい御本の数々、ありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:kanoko  投稿日: 3月 4日(火)23時15分19秒

生島先生の訃報を知り、ネットを彷徨ってこちらにお邪魔いたしました。

学生の頃に出会った「黄土の奔流」から、どれほど影響を受けたかわかりません。
何度も何度も読み返し、本箱にある単行本は、一番ボロボロになっています。

あの物語を生み出して頂いた先生に深い感謝と共に
謹んでご冥福をお祈りいたします。


--------------------------------------------------------------------------------
残念です 投稿者:鷹村透琉  投稿日: 3月 4日(火)10時02分50秒

今朝の新聞で生島氏の訃報を知りました……。
謹んでご冥福をお祈り致します。


--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:思惟  投稿日: 3月 4日(火)09時28分01秒

もう黄土のシリーズは読めないのかと思うと残念でなりません。
本当に大好きなシリーズでした。
当時の上海を知り、上海を愛しておられた作家さんなのに……。
気持ちが落ち着いたら、またこのシリーズを読み返そうと思います……。


--------------------------------------------------------------------------------
合掌 投稿者:shinpei  投稿日: 3月 4日(火)01時11分52秒

謹んで、先生のご冥福をお祈り致します。暫く本を読む気にはならない。


--------------------------------------------------------------------------------
続きを・・ 投稿者:ま〜てぃん  投稿日: 3月 3日(月)23時17分38秒

読みたいと楽しみにしていたので残念でなりません。
黄土の奔流は大好きな作品なので、久しぶりに読み返したいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
明日から上海・・・ 投稿者:駱駝  投稿日: 3月 3日(月)23時13分58秒

という日に、生島先生の訃報・・・。
一度もお会いすることなく、残念でした・・・。
「黄土の奔流」は、オールド上海への憧憬を
なお一層強くしてくれた思い出の一冊でした・・・。

明晩は、上海で生島先生を思うことにします。

合掌。

   http://www002.upp.so-net.ne.jp/camel-st/


--------------------------------------------------------------------------------
頑張ってください 投稿者:Finsbury  投稿日: 3月 3日(月)22時59分30秒

Ugaさん
 天国に召された先生のためにも、そして、先生の多くのファンの方々のためにも
ぜひともこのサイトを続けてくださいね。
 陰ながら応援しています。


--------------------------------------------------------------------------------
訃報 投稿者:Uga  投稿日: 3月 3日(月)22時39分21秒

2003年3月2日午後11時44分 肺炎のため逝去。享年70歳。

私Ugaはこのサイトを続けていくつもりです。
どうか末永く見守っていただけますようお願い致します。